賃貸に関する基礎知識 最低限これだけは・・・

 

 

chin109賃貸物件である賃貸マンションや賃貸アパートなどを借りる契約をするときに、入居審査というものがあることをご存知でしたでしょうか。

入居を契約するために、そんな審査があるのか、とびっくりされる方も多いでしょう。この、入居審査というのはどういった審査になるのでしょうか。
入居の審査と言うのは簡単に言いますと、賃貸物件を契約したいと申し出てきた人が、本当に入居してこの先大丈夫であるかと言うことを家主や不動産を扱っている会社が判断する審査のことです。

入居審査はいつされるのかということで心配になってしまう方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。入居審査は、物件を探しに行って相談している最中は始まることはありませんので安心してください。希望者が、お気に入りの物件を見つけ、そこに住みたいということで申し込んだときから始まります。

いくらその物件が気に入っていて、どうしてもここに住みたいんだと思ったとしても、この審査に通らなくては、その物件を借りることができないのです。

審査があると聞くと、なんだか入学試験の面接でもされているようで、緊張してしまうという人もきっとたくさんいらっしゃることでしょう。しかし、必要以上に緊張する必要はありません。

審査で重要になることは、主に保証人と収入面になります。審査をしていく中で、家賃を滞納するような人ではない、信頼できると思ってもらえれば、審査には通りやすいと言えるでしょう。

審査前にこの書類を準備しておきましょう!

賃貸物件の入居審査に必要なものには、どういったものがあるのでしょうか。必要なものと言いましても、不動産会社や管理会社にもよりますので、一概にこういったものが必要ですと言うことはできませんが、一般的にみてどういったものが必要になってくるかを挙げていきましょう。

cashing74

まず必要になるのが、申込書です。不動産会社が指定してきた専用の書類にて、正しく必要事項を記入して、提出できるようにしましょう。

そのほかに、本人であることを確認することができるものの提出が必要です。たとえば、一般的に多く提出されるもので言えば、運転免許証です。運転免許証を持っていなければ、住民票を取りに行って提出したり、保険証を提出してください。

そのほか、源泉徴収票や給料明細などの提出を求めるところもあります。収入面を厳しくチェックしたいという場合、提出を要求されますので用意しましょう。中には確定申告書等の提出を求められるという場合もありまして、不動産会社によって様々だと言えるでしょう。その他、印鑑、印鑑証明、保証人の同意書や保証人の源泉徴収票を求められるケースも一部ではあるようです。

審査の厳しさもそれぞれですので、求められたものを確実に提出するようにしましょう。持参しなくてはいけないのに持って来ていなかったりしたら、やはり怪しまれてしまいますし、審査にも響きやすくなってしまいます。確実に用意して持って行くようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ